肋間走査での走査のポイントは「探触子のあてかた」と,あてた位置から探触子を扇状に倒し込む「探触子の煽(あお)り方」にあります.
探触子は肋間の方向にしっかりと沿わせること.そして臓器の観察できる肋間は残さずすべて走査するように心掛けてください.観察は,探触子を端から端までしっかり煽り,できるだけ広い範囲を観察するようにしてください.
企画・制作:超音波検査法フォーラム
協賛:株式会社日立製作所