婦人科領域の超音波検査には、体表からの経腹壁走査と経膣探触子による体腔内走査があります。今回は経腹壁走査の画像を供覧いたします。婦人科領域の検査上の注意点としては、適度に尿をためて検査することがポイントです。排尿後では腸管ガスにさえぎられ十分な走査が行えません。また逆に尿がたまりすぎても検査対象が深くなり過ぎてしまうために検査がしにくくなります。
婦人科領域すなわち子宮や卵巣の検査を行う際には、まず性周期による正常像の変化を知っておく必要があります。この章では子宮内膜や卵胞の変化を時期ごとに表示しました。
企画・制作:超音波検査法フォーラム
協賛:株式会社日立製作所