Chapter-1 乳腺の非腫瘤性病変
乳腺の非腫瘤性病変

非腫瘤性病変とは、超音波では腫瘤像として認識困難な病変であり、腫瘤が触知するかどうかは問わない。また、非浸潤癌であるとも限らない。非浸潤性乳管癌や乳管内乳頭腫のみならず、乳腺症、炎症、浸潤癌なども非腫瘤性病変を呈する。

非腫瘤性病変の契機

4つ主所見

  1. 乳管の拡張(内部に充実性エコー)
  2. 乳腺内低エコー域
  3. 多発小嚢胞像
  4. 乳腺内外の正常な構築の乱れ

3つの副所見

  1. 点状高エコースポットの集簇
  2. バスキュラリティの増加
  3. 硬さの増加

CHAPTER2では、乳腺の非腫瘤性病変について解説する。

企画・制作:超音波検査法フォーラム
協賛:株式会社日立製作所