Chapter-3 胆嚢癌
急性胆嚢炎の基本的な所見
胆嚢腺筋腫症

胆嚢腺筋腫症


体部から底部の壁が厚く描出されている。内部にわずかであるがRA sinusを思わせる小嚢胞状構造がみられる。年齢も30才台と若く、胆嚢腺筋腫症と診断された。

RA sinus

慢性胆嚢炎

慢性胆嚢炎


胆嚢底部の肥厚した壁に挟まるように結石がある。壁自体の内部エコーにムラが目立つ。肝臓とは比較的明瞭な境界がある。壁肥厚型胆嚢癌との鑑別が難しい超音波像である。

結石

 
線維性ポリープ

線維性ポリープ


頸部側に径20mmのポリープ病変があり病変の表面は高エコーの縁取りが見られる。胆嚢摘出術が施行され、組織は線維性ポリープであった。


企画・制作:超音波検査法フォーラム
協賛:株式会社日立製作所