Chapter-2 腎腫瘤
腎臓

腎臓の充実性腫瘤性病変は、腎細胞癌と血管筋脂肪腫が大半であり、他の充実性病変はまれである。血管筋脂肪腫や腎盂癌のように、そのエコー像や発生部位からある程度診断できる病変もあるが、超音波像だけでは鑑別診断するのは難しいケースも少なくない。

腎細胞癌以外の腎臓の腫瘍では、良性の血管筋脂肪腫の発見頻度が高い。
肉眼的血尿の主訴がある場合には腎盂癌の存在も疑う必要がある。
腫瘤が不整形であったり複数ある場合には転移性腫瘍やリンパ腫などの腫瘤の可能性も考える。
企画・制作:超音波検査法フォーラム
協賛:株式会社日立製作所