Chapter-2 腎腫瘤
その他の腫瘤
リンパ腫の腎転移  

リンパ腫の腎転移


腎臓から突出する不整形低エコーの腫瘍を認める。腎実質および周囲との境界が不明瞭である。本例はリンパ腫の腎転移であった。


腫瘤
   
腎洞部浸潤

転移性腎腫瘍


血管肉腫の転移腫瘤である。腫瘤は腎外に突出し、腫瘤と腎臓との境界が不明瞭で、浸潤性発育を示唆する所見である。


腫瘤
   
転移性腫瘍

転移性腎腫瘍


肺癌の腎転移腫瘤である。腫瘍はクラスター状を呈し全体は不整形である。周囲の腎臓との境界が不明瞭。肝臓との境界も不明瞭で、浸潤を疑う所見である。腎臓への転移は、原発巣が肺、膵臓、乳腺などの頻度が高い。


腫瘤
   
嚢胞内出血

複雑性嚢胞


腎臓から突出する円形腫瘤には内部エコーがあり、充実性腫瘤に見える。本例は以前からこの部位に嚢胞があり、今回も後方エコーの増強もあることより嚢胞内出血と考えた。ただし初回の場合には、造影CTなどの精査が必要である。

   
炎症性腫瘤

炎症性腫瘤


発熱、背部痛などの腎炎を思わせる症状に伴い腎臓に腫瘤が見られたときには炎症性腫瘤も疑う必要がある。治療により消退する。


企画・制作:超音波検査法フォーラム
協賛:株式会社日立製作所