Chapter-5 胆嚢腺筋腫症
胆嚢腺筋腫症の所見
単発のRAS

単発のRAS


胆嚢壁に小嚢胞構造(矢印)を認める。本例では小型で単発、周囲の壁に肥厚などは見られない。小嚢胞は壁にあるRASが拡張した像と考えられ、これも腺筋腫症の変化の一種とされている。 なおRASは病理標本では正常者でも高率に保有している変化である。ある程度拡張すると超音波で描出される。したがって超音波で言う「RAS」は拡張したRASを指す。

   
多発するRAS

多発するRAS


胆嚢底部に限局した小嚢胞構造の集簇が見られる。本例では嚢胞周辺の肥厚があるが、コメット様エコーは見られない。拡張したRASの拡張を主体とするF型腺筋腫症である。

   
単発のコメット

単発のコメット


コメットサインとも呼ばれるこのエコー像は、RAS内にある結石やスラッジを反射源とする所見といわれている。本例ではRASは明確ではないが、反射源が壁の中にあることに注目する。検査時に確認するには拡大表示するとわかりやすい。


コメット様エコー
参考症例:胆嚢ポリープ

参考症例:胆嚢ポリープ


コレステロールポリープ、あるいは結石などの病変にもコメットサインが見られることがある。これらの場合は反射源が胆嚢内腔側にあることで壁内結石との鑑別は可能である。

   
壁内結石(1)

壁内結石(1)


本例では壁内の小嚢胞構造の中にコメット様エコーを有するストロングエコーが見られる。RASとその腔にある結石を示す所見である。

   
壁内結石(2)

壁内結石(2)


胆嚢壁の広範囲にストロングエコーが散在する。隣接してRASと思われる小嚢胞構造も見られる。本例のような像は、時に石灰化胆嚢と紛らわしい所見となる。


企画・制作:超音波検査法フォーラム
協賛:株式会社日立製作所