Chapter-1 肝細胞癌
腎臓
肝細胞癌は肉眼的所見により、結節型、塊状型、瀰漫型に分類される。通常遭遇する頻度は結節型が最も高い。
結節型肝細胞癌のエコー像はその発育、すなわち概ねサイズによって変化すると考えられている。したがって肝細胞癌の診断は、サイズごとのエコー像のバリエーションをまず理解するとよい。
すなわちlcm程度の低エコーもしくは高エコーの均一な結節として認められる腺腫様過形成(AH:Adenomataus Hyperplasia)などの前癌病変の段階。
2cm以下の細小肝癌。細小肝癌は組織学的には細胞密度の高い比較的均一な組織分布を示す高分化腺癌であるが、腺腫の成長にともない結節内部に分化度の異なる腫瘍細胞が混在するパターンを経て、3〜5cmの結節では分化度の異なる細胞が区画性に混在するモザイクバターンという肝細胞癌として典型的なエコー像を呈するようになる。
企画・制作:超音波検査法フォーラム
協賛:株式会社日立製作所