Chapter-1 肝細胞癌
細小肝癌
細小肝癌(高エコー)

細小肝癌(高エコー)


血管腫に似た1cm程度の高エコー腫瘤像である。このような腫瘤を慢性肝炎の患者に見たら、まず肝細胞癌を疑う。
本例は脂肪化した組織で構成される高分化型肝細胞癌であった。

細小肝癌(高エコー)
細小肝癌(低エコー)

細小肝癌(低エコー)


C型肝炎患者の経過観察中に出現した低エコー結節。10数mm大の結節が2箇所見られる。
腺腫様過形成あるいは再生結節などとの鑑別が問題で、精査か慎重な経過観察が必要である。

細小肝癌(低エコー)

企画・制作:超音波検査法フォーラム
協賛:株式会社日立製作所