Chapter-1 肝細胞癌
肝細胞癌の所見
肝細胞癌の所見
ハロー 外側陰影
後方エコーの増強 モザイクパターン

肝細胞癌の所見


結節型肝細胞癌(概ね3cm以上の場合)のエコー像は、その組織構造を反映した所見が得られる。


ハロー
結節型肝細胞癌の多くは外周に線維性被膜を有している。エコー像では被膜部はハロー(halo)と呼ばれる低エコー帯を呈する。被膜と周囲の肝組織との境界は明瞭で、境界部の反射として薄い高エコー帯(marginal strong echo) を認めることがある。
外側陰影
結節辺縁の後方に細い陰影が認められる。音波が音速の異なる組織の接面を通過する際に起こる屈折を反映した超音波に特徴的な所見である。
後方エコーの増強
後方のエコーレベルの上昇は、腫瘤内部の音波の減衰が周囲肝組織に比べ少ないことを示している。
腫瘤内の細胞密度や音速を反映した所見と考えられている。
モザイクバターン
腫瘍結節内部に分化度の異なる細胞が混在するとモザイク模様のようなエコー像となりnodule in nodule appearanceとも呼ばれる。 高低のエコーレベルが混在するパターンではあるが混在する領域の境界が比較的明瞭であり、境界部の線椎性被膜が隔壁として描出されることもある。
転移性肝癌などに見られる混合エコーパターンとは区別されるべきである。
CT

CT

超音波と同症例の造形CTである。

ダイナミックCT動脈相で右葉に4cm大の腫瘤を認める。
肝細胞癌の多くは動脈血流支配のため動脈相で濃染するのが典型的である。
また、ここには示していないが肝実質に比べ平衡相では低濃度域となる。


肝細胞癌
血管造影

血管造影

超音波と同症例の血管造影である。
固有肝動脈からの造影で。肝右葉に血管の豊富な腫瘤を認める。
肝細胞癌はhypervascular tumorとして知られている。


肝細胞癌

企画・制作:超音波検査法フォーラム
協賛:株式会社日立製作所