急性胆嚢炎は、胆嚢頸部に結石が嵌頓することにより発症することがほとんどですが、結石が小さいと描出出来ないことも多いです。

胆嚢内腔に数個の結石がみられます.
胆嚢壁は軽度に肥厚し,伸展が悪くなります.
慢性胆嚢炎の多くは胆嚢萎縮と壁の全周性肥厚が特徴的で,胆石を併存します.

 



胆嚢は緊満しているが,壁の肥厚はみられません.
内腔には結石とデブリが認められます.
結石の頸部嵌頓による急性胆嚢炎の初期の像で,プローブによる圧痛が診断上重要です.


企画・制作:超音波検査法フォーラム
協賛:株式会社日立製作所