総胆管結石は、ほとんどの症例で肝外胆管の拡張を伴う。胆管の拡張が見られた場合には、必ず膵頭部まで観察する必要がある。

肝左葉外側区の肝内胆管内に直径1〜1.5cmの結石が連なるようにあります.
この例のように上流の胆管拡張を伴うことで肝内結石と判断できます.
一方、肝実質の石灰化では小さいものが多く,肝内胆管の拡張は伴いません.

 

軽度に拡張した肝外胆管の下端に,直径1cm前後の結石が数個みられます.
胆管を閉塞する結石は,下部胆管内に位置するので,膵頭部を指標に膵内胆管内を検索する必要があります.


企画・制作:超音波検査法フォーラム
協賛:株式会社日立製作所