嚢胞状の卵巣腫瘤では、隔壁の多さや厚さ、充実性部分や乳頭状隆起の有無をよく観察する。これらは悪性を示唆する所見である。また、腹水の存在も悪性を疑わせる所見の一つである。

子宮の右背側の直径約8cmの腫瘤は,単房性で内部は無エコーの単純な嚢胞像を呈している.
壁は全周性に薄く平滑で,充実性の隆起はみられない.

 

多房性の嚢胞像が認められる.
嚢胞壁および隔壁はいずれも薄く平滑である
隔壁で境界された各房にエコーレベルの差がみられるが,これは内部の粘液の濃度差を反映するものであ る.


企画・制作:超音波検査法フォーラム
協賛:株式会社日立製作所